1. 2018/06/26 20:39:58

    必要で直ぐに欲しいと思った本が、早く入手できたので、大変助かりました。

    認知症ケアの視点が変わる「ひもときシート」活用ガイドブック/大久保幸積


  1. 2018/07/10 03:40:40

    見やすくてわかりやすい。知りたい情報が詳しく掲載されている

    専門家をめざす人のための緩和医療学/日本緩和医療学会


  1. 2018/05/31 20:37:24

    実習で使用したいとおもいます

    精神障害と作業療法 新版/山根寛


  1. 2018/06/24 17:38:37

    内容はいまいちでした

    驚異の超療術医療革命/石本宏


  1. 2018/09/13 17:36:37

    文章が読みづらい。あまり普段本を読まないせいだとは思うが、それが長いと来ているのでなかなか最後まで読み進めない。 期待している核心部分になかなか辿り着けないみたいだ。

    アルツハイマー病真実と終焉 “認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム / 原タイトル:The End of Alzheimer’s/デール・ブ


  1. 2019/09/13 14:31:24

    針貝 武紀です。すみません。右脳と左脳を購入する手続きをしたのですが、取り扱いはどうなっているのでしょうか。普通は、メールで送ってきますが、届きません。VISAの下4文字の数字には問題ないのでしょうか。いつもと違うようにも思えるのですが。ご確認の上、お知らせください。

    右脳と左脳 脳センサーでさぐる意識下の世界 小学館ライブラリー17/角田忠信【著】


  1. 2018/07/23 08:43:02

    2冊購入し、一冊しか届いていませんが、 間違えていませんか?

    中薬の配合/丁光迪


  1. 2018/03/04 15:46:12

    放射線技師養成校向けに書いた教本なのだが、前半は解説が丁寧だが、後半の上肢下肢の撮影法については解説がほとんどない。帯に再撮影のコツみたいなことが書いてあるが、なぜそういうことをするのかが後半ほどほとんど書いてない。 例えば、下肢の膝関節正面撮影法では、脚を内旋させるのだが、内旋させるぐらいしか書いてない。 内旋させ、膝関節が検出器に正面になるようにするのが簡単な理由だが、そうするのかといったことが書いていない。 また、マンモグラフィーの記述は技師の手技があまりなく、見開きニページほどで、CGの絵もよくない。 後半の記述については、あまりいい本ではない。よい本とはいえないが、放射線技術学会監修のオーム社のX線撮影技術学のほうがまだましかもしれない。

    X線撮影のポジショニングとテクニック/神島保


  1. 2018/07/23 08:41:59

    2冊購入し、一冊しか届いていませんが、 間違えていませんか?

    私のPCI その分析と再構成