1. 2019/05/09 17:33:36

    目まぐるしく変わる医療の進歩と薬の進歩についていくために購入。いい本です。分かりやすく説明があり、専門職として実践に役立つものです。医学書の中では大変お安く、私たちには大変有難い本でした。

    精神科の薬がわかる本 / 姫井昭男


  1. 2019/02/02 22:58:41

    私は精神科医ですが、この本を読んで毎日の診療が少し楽になった気がします。私の中で何らかの進歩があったのでしょう。ガミー先生の本は他にも何冊か読みましたが、この本には他の本で文中に頻繁に出てくる省略箇所[・・・・・]が無く、全ての文章が誠実に訳されています。その結果、大変わかりやすくなっていると思います。翻訳された先生に感謝致します。うつ病などの患者さんやご家族にもおすすめします。

    「うつ」について 現代の世界における薬物,診断,そして絶望 / ナシア・ガミー / 菅原英世


  1. 2020/01/22 21:25:38

    友人の誕生日が近かった事もあり、以前、この書籍がが欲しいって聞いてたので、注文しました。注文から、配送までとてもスムーズで、友人がとても喜んでいました。ありがとうございました。

    解離の舞台/柴山雅俊


  1. 2019/05/20 00:10:23

    DSM5を勉強する為の初心者向けの本と言えると思います。要点だけを抽出してあり分かりやすいです。

    臨床家のためのDSM‐5 虎の巻/森則夫,杉山登志郎,岩田泰秀【編著】


  1. 2020/05/07 18:27:48

    1週間程度で商品が届き、特に問題なく読める状態でした。

    実践心理療法/鍋田恭孝


  1. 2019/05/12 15:44:55

    本格的な専門書です。古典的・指示的な誘導の位置付けについて、実践的にまた理論的に理解するのに極めて役立ちました。

    催眠トランス空間論と心理療法/松木繁


  1. 2019/07/20 18:38:39

    問題なしです 迅速な対応ありがとうございます 次回もよろしくお願いします

    新訳夢判断 / フロイト / 大平健


  1. 2019/09/21 20:43:46

    自閉症を色々な角度から見ており、問題視するのは、私たち多数の者の勝手ということが感じさせて頂きました。 誰にでも、それぞれの行動には、意味があるのですね。

    〈自閉症学〉のすすめ/野尻英一


  1. 2017/11/26 20:46:38

    病院に持って行きました。 ようやく治療を始められた気がします。 過食がいきなり治るわけじゃないけど自分と向き合える気がします

    新品本/過食症の症状コントロールワークブック 西園マーハ文/著


  1. 2019/07/31 09:41:31

    妻が仕事に復帰するのに購入しました。仕事で活用できると話していました。

    精神疾患にかかわる人が最初に読む本 / 西井重超


  1. 2020/08/10 17:36:36

    実践されている方には参考になります。 この本をきっかけに関連書を読むことが必要と感じます。

    うつ病のためのメタ認知トレーニング/レナ・イェリネク


  1. 2019/04/07 13:17:32

    うんうん!そうそう!と納得する部分が多くて分かりやすいです。筆者の優しさが伝わってくる本です。

    大学生のためのメンタルヘルスガイド/松本俊彦


  1. 2015/01/25 00:18:22

    何とも、大きな学会の先生方は、この本の著者のように、マイナーな先生のように、明らかな方法で癌とストレスの関係を証明され、更には、予防法、予防薬まで提示されていますが、どうして一般人に明らかにされないのでしょうね。この先生は、精神科の先生だからでしょうか。しかし、中を読めば、ケンブリッジ大学の雑誌にも堂々と掲載されており、その他、欧州の有名雑誌にも収載されており、それでも、周囲から持て囃されること無く、静かにこつことと診療に専念され、かなりの癌専門医の先生に見捨てられた患者さんを救っておられるとのことではないですか。是非とも、公開討論会を開いてほしいですね。

    精神神経免疫病理学と現存在分析/定塚甫


  1. 2019/03/10 12:24:15

    とても解かりやすくポイントを絞って書かれてあり大変参考になりました。商品内容にとても満足しています。有り難うございました。

    こころの治療薬ハンドブック/井上猛/桑原斉/酒井隆


  1. 2019/08/22 17:37:47

    アディクション治療が難しいと言われている中、アディクション患者は何処が受け皿となれるのか、患者、援助者が無理なく、かつ楽しく治療を継続していけるヒントが沢山書かれた著者だと思います。プログラムの立ち上げからプロレスがとても分かりやすく説明されていました。とても参考になりました。アディクション治療に携わる者として一読の価値ありです。

    僕らのアディクション治療法 楽しく軌道に乗ったお勧めの方法 / 常岡俊昭


  1. 2017/10/12 05:35:00

    刊行から11年が経ち、現代の診療報酬や社会資源に合わせて改定が加えられている。デイケアが初めてだったり経験が浅い人にも分かりやすく幅広くお勧めできる

    新・精神科デイケアQ&A