1. 2019/10/01 15:59:18

    一式陸攻の開発から運用、戦果、そして終戦までを筆者のインタビューや調査で克明に書かれてある。あまり表に出てこない貴重なエピソードなどもあった。デビュー当初から主脚が弱かった点、一式陸攻の配備が間に合わず、96陸攻で米艦隊を攻撃した部隊、義烈空挺隊の海軍版の一式陸攻改造機の部隊、終戦の連絡飛行の緑十字機が帰路になぜ燃料が足らずに不時着したか・・・などなど。この双発の主力爆撃機が日本の戦いのギリギリの部分を象徴しているようで興味深く読めました。もっと凄いエピソードがインタビューにもありそうで、続編も期待したいところですが・・・。

    一式陸攻戦史 海軍陸上攻撃機の誕生から終焉まで / 佐藤暢彦


  1. 2019/08/08 13:08:12

    書店に、置いていない事が多いので、 送料無料は、嬉しいですね!

    空母対空母 空母瑞鶴戦史〈南太平洋海戦篇〉 / 森史朗


  1. 2019/08/05 00:05:06

    しっかり梱包され折り目も無く届きました。 福島県会津に素晴らしい方がいたいた事初めて知りました 偉大な方で尊敬しファンになりました、多くの方に読んでもらいたい一冊です。

    守城の人 明治人柴五郎大将の生涯 新装版 / 村上兵衛


  1. 2019/06/30 20:11:28

    なかなか面白い内容です。久々に興味しんしんで読めました。ドイツ行くと絵葉書が売られていますが、最近の街の状態、戦争前の街並み、戦争後の街の悲惨な状態の3種類です。ドレスデン空爆は有名ですが連合軍の無差別な空爆は戦争犯罪の最たるものでしょうね。アウシュビッツも訪問して身の毛がよだつ思いでしたが、空爆も原爆も大差ないと思います。勝てば官軍ですね。

    ドイツ本土戦略爆撃 都市は全て壊滅状態となった 新装版 / 大内建二


  1. 2019/05/22 01:16:17

    我が家の本屋さんはいつもここです。 このご時世でも無料発送ありがとうございます。

    戦場における小失敗の研究 勝ち残るための究極の教訓 / 三野正洋


  1. 2019/04/11 20:58:38

    この駆逐艦は、好きな艦種だったので早速購入しました。 まだ読んではいませんが、目次とパラパラ見た感じでは、駆逐艦の全艦種の解説もあったので楽しみが増えました。 因みに、秋月型、松型、松型改(橘型)も好きな艦種です。

    陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の精鋭たちの実力と奮戦 / 重本俊一


  1. 2019/02/28 12:48:43

    説明欄をよく読まないで買ったので 英語本だと気づきませんでした。 もっと分かりやすくしてくれたら良かったのに。

    ナイン・ストーリーズ / J.D.サリンジャー


  1. 2019/01/31 16:38:07

    多くの本で、特攻隊員は喜んで志願したとされているが、この本では隊員の苦悩が記載されている、隊員も苦しみ、悩んで出撃したことが分かった。改めて戦争の悲惨さ、平和の大切さを認識すると供に、亡くなった特攻隊員のご冥福を祈ります!

    修羅の翼 零戦特攻隊員の真情 / 角田和男


  1. 2019/01/17 13:18:57

    到着までは休日を挟んでいましたの多少時間かかりましたが、特に問題ありません。 震電の情報が少し詳しくなっていた様でした。

    兵器たる翼 航空戦への威力をめざす / 渡辺洋二


  1. 2019/01/10 14:43:30

    以前、図書館で借りてからずっと欲しいと思っていました。電車とかでも読める大きさなので空いた時間に読んでいます。発送もスムーズに行ってくれたので感謝しています。信頼できる販売者様です。ありがとうございました。

    ドイツの小銃拳銃機関銃 歩兵兵器の徹底研究 / 広田厚司


  1. 2018/10/20 16:16:40

    神話、神社好きな人にはオススメです! コラムみたいでさくっと読めるのも楽しいです。

    国民の神話 日本人の源流を訪ねて/産経新聞社


  1. 2018/09/18 12:17:52

    日中戦争の実態について、詳細な文献はあまりございません。伊藤桂一先生の文章は、当時の現地における軍人の方々の思い、行動を臨場感豊かに表現され興味深く読むことができました。

    大浜軍曹の体験 さまざまな戦場生活/伊藤桂一


  1. 2018/09/17 09:59:56

    ちゃんと説明文を見てなかったのですが、英語の本でした。 子どもに買いましたが、子どもは「英語が読めるようになったら読むからいいよ」といってくれました(T0T) でも本はとってもお洒落です。

    クリスマス・キャロル/チャールズ・ディケンズ


  1. 2018/09/08 21:00:57

    空想で書かれた戦記なので、読んでて非常につまらない内容であり、途中で読むのを止め、買って大失敗し後悔しました。残念。

    新説・太平洋戦争引き分け論 こうすればアメリカに敗れはしなかった/野尻忠邑


  1. 2018/07/05 09:39:48

    大内 健二さんの本は、解説と共に作図が入っている為、大変好きな作家さんです。特に艦船が好きなこともあり、艦船関係の本は殆ど持っていると思います。

    戦場に現れなかった戦闘機 計画・試作機で終わった戦闘機/大内建二


  1. 2018/04/18 23:16:59

    一人の著者が全編を取りまとめられているのかと思っていましたが、体験集で構成されていました。これまで、戦闘機搭乗員の方のお話ばかり読んできたので、艦攻、艦爆搭乗員の方、整備の方のお話に刮目しています。

    母艦航空隊 実戦体験記が描く搭乗員と整備員たちの実像/高橋定


  1. 2018/03/22 15:49:19

    ノンフィクションなので内容に引き込まれていく。私の生まれるほんの10年前の日本であった真実。私の世代の沖縄出身の人の祖父母や身近な人たちは誰かしら沖縄の戦いで亡くなったという。

    沖縄シュガーローフの戦い 米海兵隊地獄の7日間/ジェームス・H・ハラス/猿渡青児