1. 2019/10/10 10:55:40

    この業者は、キャンセルや、粗悪品の納品に関して、解かりにくい手続きしか提供しておらず、真摯に対応しない会社だと思います。忙しく、ネットに時間を費やせない方は、同価格なら他の業者をお使いいただいほうが安全だと個人的に強い印象を受けました。必要であれば、こちらに相談してみるのもありだと思います。www.kokusen.go.jp/map/index.html

    「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》 / 橋本毅彦


  1. 2019/05/19 13:43:53

    今NHK第二で放送している講義にぴったりです。本もあると浅見教授のご講義が一層理解できます。方丈記、また勉強したくなりました。

    方丈記 / 鴨長明 / 浅見和彦


  1. 2019/02/25 12:58:22

    期限付きポイントで購入したのに在庫なしでキャンセルされ、この評価とさせて頂きます。

    自発的隷従論/La Bo〓tieEtienne de


  1. 2015/12/13 13:16:27

    推理するところもそれほど無く、展開もあと味悪い。

    狼と兎のゲーム/我孫子武丸


  1. 2017/08/06 19:56:59

    デザインはとてもよかったのですが、capsキーがやや大きくて、つい触ってしまいます。その度に、カナに戻すのが、手間です。

    街道をゆく(5)−モンゴル紀行− /司馬遼太郎


  1. 2016/12/04 09:40:30

    状態が悪いのに198円は高い。108円の物も出品してもらいたい。

    未成年 中/ドストエーフスキイ


  1. 2016/06/11 22:58:02

    内容自体が難しい文のに、文章が簡潔でないため、一層非常にわかりづらくしている。誰か書き直してほしいと思うくらいである。内容は面白いと思いました。考えさせられることが多々ありました。

    恐慌論/宇野弘蔵


  1. 2016/06/12 08:44:50

    絵が満載と思いきや、文字の解説が主で、思い違いで購入してしまった。

    春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界/白倉敬彦


  1. 2017/10/14 21:12:15

    おもしろそうと思ったのですが、 ほとんど本棚の飾りになってしまっています。

    擬音語・擬態語辞典/山口仲美


  1. 2018/04/18 19:11:18

    期待していたが今ひとつだった。しかし、この難解な作品の平易な現代語訳がようやく出版されたことは評価したい。

    文選 詩篇1/蕭統/川合康三/注富永一登


  1. 2016/08/29 15:28:55

    予想通りの内容。 悪くはないが、事実過ぎて読み進めると 徐々に不快になる。

    インディアスの破壊についての簡潔な報告/ラス・カサス/染田秀藤


  1. 2020/06/01 19:23:19

    中のページが少しヨレヨレになってました。もしかしたら雨が入ったのかも。

    中世を旅する人びと ヨーロッパ庶民生活点描/阿部謹也


  1. 2016/08/17 21:09:04

    購入支払い後、何日かたってやっと来た連絡は【在庫なし】でした。 ストア都合により一方的にキャンセルされました。

    宮崎の山菜 滝一郎の山野草教室


  1. 2019/02/08 17:23:51

    折れ、染みが目立ちました。読む分には問題ありません。

    悪霊 下/ドストエーフスキイ


  1. 2019/11/20 13:51:07

    楽曲解説以上のものではない気がする。曲も偏っている。演奏する側からするとうべなえない点も多い。

    クラシック名曲の条件/諸井誠


  1. 2016/11/06 10:41:29

    「グローバリズムが世界を滅ぼす」から。政府の財政を一家に例えれば、米ドルは屋外の仕事で得る給与です。日本円は、米ドル貯金額に合わせて家族間のみで使用する商品券のようなものです。家族間に莫大な借金があっても、他人が見ればこの家は貯蓄過多です。初めてタブー視されていた小泉・安倍政権について短文明確に総括しています。政権延命と特権階級創設するための構造改革でした。政策の失敗は、市場原理や民間人によるもので政府公務員の責任ではない。既得権益打破といって将来の特権階級者を絞る。戦前の公務員貴族を復活させたいのです。政府が公務員の面倒しか見なくなって以後、景気悪化、貧困者や予備軍の増大、大災害事故の連発、です。市場原理では、組織は否定され個人に全権委託します。個人間で出来ることは限られ、月日が経つほど国家や組織レベルが低下していくのものです。市場原理導入の究極は、公務員を除く国民の生活を弥生時代に戻すことです。これからは、大きな政府を目指すしかありません。その目的は、海洋資源開発と人口島の建設です。半永久的に目的を達成できない仕事で、他国に迷惑をかけず侵略もできません。これが日本国の未来形です。

    関東軍 在満陸軍の独走/島田俊彦


  1. 2020/03/03 20:25:19

    アリストテレスとその時代においてわかりやすく説明でした。 ありがとうございました。

    中世の覚醒 アリストテレス再発見から知の革命へ/リチャード・E.ルーベンスタイン/小沢千重子