1. 2017/06/18 16:49:18

    前半よりエピソードが長くなっています。江戸太平時代の旅の様子や人々のしたたかさを知れて面白い作品です。

    現代語訳東海道中膝栗毛 下/十返舎一九/伊馬春部


  1. 2017/06/18 16:43:16

    弥次さん喜多さんの珍道中記は似たようなドジ話の繰り返しと言えなくもありませんが、それでも二人の間抜け振りかつがれ振りにくすくすと笑えます。脚本家が現代語訳している理由も読み出してすぐに分かりました。

    現代語訳東海道中膝栗毛 上/十返舎一九/伊馬春部


  1. 2017/05/28 17:16:08

    平易な文章に訳されていて、いくつかの大河ドラマなどで見た場面が次々に蘇ります。最後の建礼門院の述懐が悲しく響きます。読んで良かったと思える作品です。

    現代語訳平家物語 上/尾崎士郎


  1. 2017/05/28 17:09:58

    平家物語は一度読んでみたいと思いながら、原文ではとても無理と諦めていたところ、この現代語訳を見つけ、尾崎士郎はよく知らないのですが、岩波現代文庫を信頼して購入しました。大変平易な文章に訳されていて、諸行無常の物語を現代小説のように一気に読めます。

    現代語訳平家物語 下/尾崎士郎


  1. 2017/02/24 21:56:11

    青鞜という同人誌を中心に社会変革と性への情熱に傾注した女性を描いた伝記小説です。平塚らいてうや与謝野晶子など、この時代に生きた先進的な女性とアナーキスト大杉栄の絡みがわかり、女性史の一面が小説から読み取れました。作家の筆力とこの時代の女性の魅力に圧倒される作品です。文句無くけた外れた傑作と思います。瀬戸内晴美さんの作風を誤解していました。美は乱調にありから青鞜を中心とした作品を全て読みたいと思っています。

    諧調は偽りなり 伊藤野枝と大杉栄 上/瀬戸内寂聴


  1. 2017/02/24 21:39:44

    青鞜という同人誌を中心に社会変革と性への情熱に傾注した女性を描いた伝記小説です。平塚らいてうや与謝野晶子など、この時代に生きた先進的な女性とアナーキスト大杉栄の絡みがわかり、女性史の一面が小説から読み取れました。作家の筆力とこの時代の女性の魅力に圧倒される作品です。文句無くけた外れた傑作と思います。瀬戸内晴美さんの作風を誤解していました。美は乱調にありから青鞜を中心とした作品を全て読みたいと思っています。

    諧調は偽りなり 伊藤野枝と大杉栄 下/瀬戸内寂聴