1. 2015/12/17 17:11:21

    水俣病の歴史、政治的論点が整理されており、非常に読みやすい

    なぜ水俣病は解決できないのか/東島大


  1. 2019/08/30 23:02:02

    原発事故は日本人なら戦争や原爆と同様に社会の時間に学校で教えるべき内容だと思います。 この本は実際の被害者からニュースにならない実体験を等身大にレポートしています。

    その後の福島 原発事故後を生きる人々 / 吉田千亜


  1. 2018/04/01 09:29:04

    自分として大きな事故を映像で認識し記憶・記録として残したい

    福島第一廃炉の記録/西澤丞


  1. 2015/07/31 12:47:04

    福島原発事故から4年たったが、いま何がどのように問題なのか、よく分からなかった。 この本は、専門的で断片的な原発の問題点を平易に整理し、福島原発事故から国際的規模で集大成してある。原子力問題を幅広い視野で考させる、スケールの大きい啓発書である。 日本の原子力ムラの上に、国際原子力ムラ複合体が存在し、世界保健機関(WHO)など国連諸機関までが原子力を推進し、内部被ばくを除外した国際放射線防護基準を容認しているという事実には驚いた。

    原子力の深い闇 “国際原子力ムラ複合体”と国家犯罪/相良邦夫


  1. 2019/12/05 23:02:04

    沖縄の現実をきちんと知らせてくれる良書です。流されない、ぶれない、見逃さない姿勢を貫く事ことがいかに困難であろうとも、マスメディアとしての矜持を示してくれる内容です。

    これってホント!?誤解だらけの沖縄基地 / 沖縄タイムス社編集局


  1. 2020/04/30 18:02:51

    防災安全工学が専門の研究者です。 災害の記録に最も必要なことは淡々と事実を列挙し、次世代に伝えることです。 その意味で、この本をまとめた人、付き合った現地の方々に敬意を表します。

    南三陸発!志津川小学校避難所 59日間の物語〜未来へのメッセージ〜/志津川小学校避難所自治会記録保存プロジェクト実行委員会/志水宏吉


  1. 2019/01/25 10:23:15

    動物の現状について知ることができました。読みやすい本です。心を痛める箇所がたくさんありました。この痛みを通して、私たち消費者がどういう選択をしていくべきかを考えました。私はベジタリアン(卵・乳製品は食べる)でしたが、認識を改めて、ヴィーガンを目指していきたいと思います。

    テキスト本:日本の動物に起きていることー畜産:アニマルライツとウェルフェア