1. 2018/06/15 11:10:09

    ホツマツタエはまだ、公式には認められていない歴史文献ですので、研究家の方によっては解釈の違う部分もありますが、まず全体を把握するには良い本と思います。 細かいことは今後の歴史研究によって解明されて行くでしょう。

    はじめてのホツマツタヱ 人の巻 / 今村聰夫 〔本〕


  1. 2018/04/22 11:42:35

    良い商品を安く購入することができて大変満足しています。またよろしくお願いいたします。

    学校では教えてくれない戦国史の授業 秀吉・家康天下統一の謎/井沢元彦


  1. 2020/10/22 14:47:39

    日本人として読むべき本だと思います。 おすすめです。

    天皇の国史/竹田恒泰


  1. 2017/10/18 18:15:20

    「編成調書」、「行動調書」がそのまま転載されているのかと思いましたが、郡氏の手により読みやすく、また、解説を加えて、編集されたものでした。同氏の「大空のサムライ研究読本」のような雰囲気です。(ご本人もそのようにまえがきされているようです。)

    台南空戦闘日誌 最強零戦隊330日の全戦歴/郡義武


  1. 2017/03/11 17:33:48

    子どもへのプレゼント。小学校で教育勅語を教えてくれないのであれば、本で読ませるというのはお手軽でいいと思います。

    【送料無料選択可】国民の修身/渡部昇一/監修(単行本・ムック)


  1. 2020/08/01 13:04:55

    この頃、お城に興味が出てきて近場から行ってみたくて購入しました。見応えが有りそうで少しずつ楽しく見ています。 配送も早く大変良かったです。

    日本の城ベストランキング 2020


  1. 2016/08/28 12:40:07

    シリーズで買っており、子供たちが楽しみにしています。

    週刊 マンガ日本史 改訂版 52号 徳川家光


  1. 2018/11/01 21:32:55

    ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

    江戸東京の明治維新 岩波新書 / 横山百合子 〔新書〕


  1. 2020/01/12 21:44:02

    軽く勉強するにはこのリブレットシリーズはおすすめです。

    アイヌ民族の軌跡/浪川健治


  1. 2019/05/23 17:35:13

    内容も分かり易く、以前から欲しい本だったので満足しています。

    皇位継承でたどる天皇陵 / 渡部裕明


  1. 2016/08/28 12:41:13

    シリーズで買っており、子供たちが楽しみにしています。

    週刊 マンガ日本史 改訂版 57号 近松門左衛門


  1. 2017/02/20 14:20:05

    本当の日本の歴史がわかったようだ。本にて出てくる人たちがいたから日本は平和だと実感する。そして新政府が大きな対戦を引き起こしたのかな?

    明治維新という幻想 暴虐の限りを尽くした新政府軍の実像 歴史新書y / 森田健司 〔新書〕


  1. 2018/05/02 20:33:39

    登山中に標識や遺構があり不思議に思っておりましたがこの本を読めばその謎が解けました。登山以外にもいろいろ興味を持てる機会を持つことができました。

    近江鈴鹿の鉱山の歴史/中島伸男


  1. 2018/04/22 11:40:56

    良い商品を安く購入することができて大変満足しています。またよろしくお願いいたします。

    図解応仁の乱 難解な戦国乱世が、ざっくりわかる!/小和田泰経


  1. 2019/11/26 22:33:59

    中古本でしたがきれね本が送られてきました。

    一日江戸人/杉浦日向子


  1. 2020/10/07 18:04:29

    見やすい良本♫ 探して探して、ココに辿りつきました。

    日本近世の歴史 6 明治維新 / 青山忠正 〔全集・双書〕


  1. 2018/09/09 18:57:23

    流石に人気がある本ということで、図鑑を見る感じで、何度でも読み返せます。

    ときめく縄文図鑑 Tokimeku Zukan + / 譽田亜紀子 〔本〕


  1. 2019/04/18 20:52:00

    違った角度で参考になります。歴史の勉強は楽しいですね。

    戦国武将ナンバーワン決定戦 / 本郷和人


  1. 2018/04/28 12:13:12

    色んな知識を得るために買いました。内容にはとても満足しています。

    鯨を生きる 鯨人の個人史・鯨食の同時代史/赤嶺淳


  1. 2020/10/07 15:55:14

    1862年 日本 時代の節目にあった日本にやってきたスイス使節団。 その中の1人だったブレンワルド氏の当時の日記を翻訳した本書。 氏は一旦は帰国するものの、1866年に再来日。 会社を起こしそのまま日本の幕末から明治の変化を見る事となる。 貴重な歴史的資料を多くの手間と時間をかけて分かりやすくまとめてくれた関係者の方々に感謝すべき一冊

    スイス使節団が見た幕末の日本 ブレンワルド日記1862-1867 /勉誠出版/横浜市ふるさと歴史財団 (単行本) 中古