1. 2015/12/17 16:16:57

    本日、商品が届きました。 12月の初めに注文しましたが、 出版社へ取り寄せということで、 到着まで半月程かかりましたが、 新品だけあって商品はきれいです。 本の内容は特攻隊員の方々の遺書が中心で、 同期の桜の替え歌など、隊員の方々が 歌っていらっしゃた兵隊ソングが特に印象的でした。 (遺書や手記の中に書かれているもの) 歴史愛好家、研究者、軍歌愛好家のみならず、 広く多くの方々にとって一読の価値ありとオススメできます。

    【送料無料選択可】至純の心を後世に 陸軍最後の特攻基地・万世/苗村七郎/著(単行本・ムック)


  1. 2020/10/03 13:02:02

    思った通りの辻参謀ですね。 自画自賛の本です。結構嘘が有ると思うな。軍事裁判を逃れるために逃げ回た。本来だったら銃殺刑だったかも。嘘満載の内容だと思って読んでください。

    ノモンハン秘史/辻政信


  1. 2015/12/15 22:46:17

    今までと視点が違って面白いと思います。もう少しボリュームがあればもっと良かったのですが・・・

    太平洋戦争「敗戦」の検証 敗因を、外交、戦略・戦術、兵器から徹底考察!


  1. 2018/05/09 11:14:25

    写真加工装幀カバーの書籍 美品だか、自由価格本と記載されているシールが貼ってあり、個人差はあると思うが剥がすとシール糊跡が残るので処理するのに手間を要する。 再販制度等、書籍でも貼り付けの決まりがあるならその旨記載が有れば良いのにと思う。 2010年11月初版版 帯無し。美品

    真珠湾奇襲攻撃70年目の真実 市來 俊男 新人物往来社 A178


  1. 2018/10/02 11:19:18

    平成27年7月25日 初版第1刷 日米の比較で編纂しているのが対比出来ます 但し、当時の新聞紙面の全ての解説はしていませんので少し残念。 例えば、開戦時の朝日新聞の社説を解説すれば如何に熱狂を煽っているか判り、帝国政府声明文を解説すれば開戦理由が克明に判るのに不思議です。

    日米の教科書 当時の新聞でくらべる太平洋/歴史・地理(その他)


  1. 2019/07/02 06:59:49

    この本は1967年に木戸日記研究会が3回にわたって岩畔氏から聞き取りをしたものであり、非売品として発行された。それに補論として氏がまとめた「私が参加した日米交渉」を合わせて、『昭和陸軍謀略秘史』として刊行されたものである。「謀略の岩畔」と言われていたようで、語られる内容も豪胆である。しかし、どこまでが本当か嘘か隠しているかが分からない代物だが、記憶力が良いのか非常に具体的であり、面白いというか興味深い話もしてくれている。「戦陣訓」の最初の提案者であり素案を書き、島崎藤村などが最後に文章を直したとある。そして、そのきっかけは「南京虐殺」であり、「シンガポールの虐殺と南京の虐殺というものは、日本陸軍にとって非常に致命的な汚点でした」と述べている。また、補論の「日米交渉」は、これまで読んできた穴を大きく埋めてくれるものであった。一読の価値は大いにあると思われる。

    昭和陸軍謀略秘史/岩畔豪雄


  1. 2016/03/17 13:36:31

    見ていて興奮しました! ただ日本語吹き替え音声があると、内容に集中できたかな…。 でも、とてもよかったです(^^)

    戦車<TANK>頂上決戦 DVD BOOK / 戦争 / 兵器 / 半額 / 送料無料 / バーゲンブック / 新品 / 12-2


  1. 2013/09/06 12:59:11

    今これを知って、どのように未来へ生かすのか…それが問題。

    検証太平洋戦争とその戦略 3/三宅正樹/庄司潤一郎/石津朋之


  1. 2016/08/31 16:24:47

    最近の自衛隊の装備が分かり、眼の保養になります。 価格も安くて良かったです。

    半額 / 新品 / 自衛隊最強装備&最新軍事演習 DVD付 / 趣味 / 送料無料 / バーゲンブック


  1. 2020/10/01 08:41:46

    今まで知らなかったことや、今までにない視点での事実もあり、勉強にはなりましたが、論調が少し感情的で、その分、説得力が少し落ちている気がします。

    太平洋戦争の大嘘 藤井厳喜 (著)


  1. 2015/08/05 22:59:51

    旧海軍の艦体を港の防波堤にリサイクルした軍艦防波堤について、淡々と述べてあります。戦争についての意見はほとんど入っておらず、物その物に語らせようとしています。

    若松軍艦防波堤物語/松尾敏史/作(単行本・ムック)


  1. 2020/05/11 18:48:37

    第二次世界大戦での「硫黄島」における「栗林中将」の激戦奮闘と中将に従い敵と闘い散華した2万名以上の将校・将兵の英霊の皆様に深く哀悼と感謝の念を捧げます。応援部隊の援護も十分に得られず食料も飲料水も満足に無い地下洞窟に張り巡らせた防空壕から巨大な敵を果敢に迎え撃つ兵隊の多くは打ち倒されましたが此の「硫黄島」だけは戦死者の数に於いて唯一米国側の死傷者人数が日本兵 死傷者の数を上回ったと言う点に栗林中将を始めとして命を惜しむ事無く「愛する日本」を守るために闘い散華した英霊の皆様に深く感謝の念と哀悼の念を捧げたいです。皆様のお陰で今の日本の平和があるのだと沁々感銘を受けた本でした。購入して良かったですm(__)m。

    硫黄島の戦い 矢弾尽き果て散るぞ悲しき 別冊歴史読本53/新人物往来社(その他)


  1. 2020/02/29 14:46:41

    平成26年6月25日初版・帯付き・極美品 著作者は私の10歳年下の女性で、現在の20代から30代にも分かり易く且つ共感を得られる、先の大戦である大東亜戦争の著作物や自衛隊海外派遣の著作物で希有であり、高評価がある作者。 靖國神社遊就館での先の大戦での元軍人による、講演録。

    映すは君の若き面影 大東亜戦争70年展II 靖國神社遊就館講演録/笹幸恵(著者)


  1. 2018/11/16 00:13:59

    2015年11月6日 初版・帯付き 未だに洗脳されている日本人、その発信から反日プロパガンダを日本人が反論をほぼしないから信じている外国人、いい加減に反論する世代が出て来ないと未来永劫たかられます。

    戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ! 「日中戦争」は中国が起こした 自由社ブックレット3/茂木弘道(著者)


  1. 2019/03/07 22:20:52

    眺めてて飽きません。個人的には「長門」、「陸奥」のファンなので詳しい内容には満足です。

    日本海軍艦艇図鑑 超ワイド&精密図解/歴史群像編集部


  1. 2017/12/08 02:30:18

    黄文雄氏の、大東亜戦争肯定論、という本を読んでいる。明治維新から戦前までを読んだ所だが当時の世界情勢が近代化と植民地化と領土拡大の時代だったことを改めて感じた。日本にとってはロシアもアメリカもイギリスもドイツも清も朝鮮も脅威と不安定要因だった。当時は列強が武力と経済力で進出侵略する時代だった。日本が対抗する防衛するためには経済力だけでなく軍事力の強化と朝鮮や満州への防衛的な進出がどうしても不可欠だったと思えてくる。外国の圧力に立ち向かうには小国主義ではなく半島や大陸に進出する大国主義が不可欠だった。日本の進出は植民地支配というよりも近代化という側面の方が大きかった。朝鮮や満州を近代化し外国から防衛しようとしたという側面が大きかった。単純に侵略とは言えないと思えてくる。当時の世界情勢から言ってやむを得なかったような気がする。朝鮮や清は近代化に反対するような姿勢を見せていた。日本には反発が大きかったが外国に対抗するためにもこれに立ち向かう必要があった。これまで長谷川慶太郎氏の、歴史頭脳を持っているか、という本を読んで近現代史について詳しく知ることができたが、この本も良い本だと思った。

    黄文雄の大東亜戦争肯定論/黄文雄【著】


  1. 2019/06/09 23:02:41

    カラー写真が沢山載っていて良いです。保存用、資料的価値。

    写真と地図で読む!知られざる軍都 東京/文学・エッセイ・詩集(その他)