1. 2019/10/29 18:37:18

    しっかり梱包されてきており、良心的な発送だと思います。 内容については、まだ他の読み物に関わっており、順番が来ておりませんので読んでいません。いずれじっくり読もうと思っております。

    日本植民地探訪 新潮選書/大江志乃夫(著者)


  1. 2019/10/28 16:48:10

    古いこちらを探していたので、見つかってうれしかったです!!

    六千人の命のビザ ひとりの日本人外交官がユダヤ人を救った/杉原幸子(著者)


  1. 2019/10/10 16:54:54

    本の傷みも無く対応も早くて良かったです。

    祖父たちの零戦/神立尚紀【著】


  1. 2019/08/02 01:54:36

    ロンドン海軍条約と統帥権干犯問題に関して網羅的な名著です。やや高めなので普段借りていましたが使用頻度にてらして購入しました。

    ロンドン海軍条約成立史 昭和動乱の序曲/関静雄


  1. 2019/07/02 06:59:48

    この本は1967年に木戸日記研究会が3回にわたって岩畔氏から聞き取りをしたものであり、非売品として発行された。それに補論として氏がまとめた「私が参加した日米交渉」を合わせて、『昭和陸軍謀略秘史』として刊行されたものである。「謀略の岩畔」と言われていたようで、語られる内容も豪胆である。しかし、どこまでが本当か嘘か隠しているかが分からない代物だが、記憶力が良いのか非常に具体的であり、面白いというか興味深い話もしてくれている。「戦陣訓」の最初の提案者であり素案を書き、島崎藤村などが最後に文章を直したとある。そして、そのきっかけは「南京虐殺」であり、「シンガポールの虐殺と南京の虐殺というものは、日本陸軍にとって非常に致命的な汚点でした」と述べている。また、補論の「日米交渉」は、これまで読んできた穴を大きく埋めてくれるものであった。一読の価値は大いにあると思われる。

    昭和陸軍謀略秘史/岩畔豪雄


  1. 2019/06/22 21:44:55

    太平洋戦争の意味と日本が無謀な戦いに挑み敗戦に進んでしまったこと、アメリカが開戦に進んでしまった理由が分かりました。日本が当時、東アジアで進めていた政策は長期的にみて間違っていなかった事が分かりました。諸悪の権現はルーズベルト大統領に有り、日本は当時戦争しない様に努力していたことが分かります。 私が小さいころ、感じていた自虐的な日本は連合国が私たちに植え付けたイメージだと確信しました。

    太平洋戦争の大嘘 藤井厳喜 (著)


  1. 2019/06/09 23:02:41

    カラー写真が沢山載っていて良いです。保存用、資料的価値。

    写真と地図で読む!知られざる軍都 東京/文学・エッセイ・詩集(その他)


  1. 2019/04/11 13:55:56

    商品、梱包、発送など何も問題ありませんでした。ありがとうございました。

    世界史のなかの昭和史/半藤一利