1. 2021/06/29 10:56:58

    中古本とうことで多少使用感はありますがキレイな方かと思います。問題なく読むことができました。この手の本は中古でいいかと思います。

    地球に住めなくなる日 「気候崩壊」の避けられない真実/デイビッド・ウォレス・ウェルズ(著者),藤井留美(訳者)


  1. 2018/12/22 16:01:12

    電力会社として良く分析出来ているなと思う一方で結論は電気なので説得力があるようなないような。 あと、相当な技術革新を前提としているのでそれもどうかなと。 とはいえ、現実に即した危機感を記しており、一読の価値は高いと思いました。

    エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ / 竹内純子 / 伊藤剛 / 岡本浩