1. 2021/03/15 19:12:02

    近代の右翼思想はできれば避けて通りたい(笑)ところですが、必要があってというか必要な気がしてちょこちょこ読んでいます。こちらの本はどちらかというと登場人物がどうしたこうしたという話ではなく、思想そのものに注目したものです。

    近代日本の右翼思想/片山杜秀


  1. 2019/11/20 13:51:03

    ワインの世界が、法の分野から見ることで新たに広がりを持って理解される。別な骨格があったことに気づかされるというか、学び直す良いきっかけになった。

    ワイン法/蛯原健介


  1. 2020/12/07 22:36:57

    迅速に発送していただき、思っていたよりも早く手に取ることができました。ありがとうございました。本の内容は、当初期待していたもの以上です。勧めてくれた知り合いに感謝しなきゃ。

    自由意志の向こう側 決定論をめぐる哲学史/木島泰三


  1. 2020/11/06 08:13:37

    類書はたくさんあります。今回の本は読みやすさがポイントかな。難しい世界史などの知識がなくても、すっと読めます。植物の歴史と世界の歴史は複雑に絡み合っている

    とうがらしの世界 / 松島 憲一 著


  1. 2021/03/15 08:34:28

    著者ご自身も発達障害と購入しました。 文章を読んでいるうちに、あぁ発達障害ので方は、こういう風に考えているんだ…と参考になりました。 やっぱりものすごく考えているし、感覚も鋭敏、ただスコーンと抜けている感覚もあっておもしろく読めました。

    発達障害の内側から見た世界 名指すことと分かること/兼本浩祐


  1. 2018/10/22 20:09:06

    きれいな状態だったので良かったです。またお願いしたいです。

    ピアニストのノート 講談社選書メチエ 540