1. 2017/12/19 19:28:15

    樋口先生の巻頭言ににじむ奥平先生への想い、象徴天皇を国民主権の下に置くための宮内庁の政治からの独立という視点、これを読むだけでも価値のある本です。為政者の多くが立憲主義、憲法尊重擁護義務をないがしろにして恥じない今だからこそ、多くの人に読んでほしい一冊です。

    憲法の尊厳 奥平憲法学の継承と展開/樋口陽一/中島徹/長谷部恭男


  1. 2017/07/10 20:03:11

    「権力は腐敗する、絶対権力は絶対的に(徹底的に)腐敗する。」政治学の世界では有名な言葉ですが、安倍政権の今を言い当てた言葉でもあると思います。「現実に適合した憲法に変えよう」という動きが急ピッチで進んでいますが、「憲法を徹底的に吟味して、現に起きている諸問題を解決していく」ことが政権を担う者のとるべき立場です。逆立ちした理屈をこねまわすのではなく、近代的立憲主義に立った政治であるために欠くことができない視点を与えてくれる、今こそ読むべき一冊です。

    日本国憲法の核心 改憲ではなく、憲法を活かすために/法学館憲法研究所/伊藤真


  1. 2016/08/15 21:47:30

    学生時代お世話になった先生の著書。久しぶりに歯ごたえのある文章を読ませて頂きました。ますますの御健筆を期待していますm(._.)m

    試練にたつ日本国憲法/杉原泰雄


  1. 2015/12/21 23:45:49

    まだ全てに目を通した訳ではありませんが、初心者にも分かりやすい書籍だと思います。

    憲法がわかった/日笠完治