フランス書院ラピス文庫

  1. 2016/05/23 21:11:12

    一穂ミチさんのファンで作品は全て読んでいるが、時々、読んだそはまから忘れてしまう、どうでもよい作品にぶつかってしまう。この作品もそういう中のひとつ。相変わらず文章はBL 作家の中ではピカイチのうまさなのだが、少しも心に響かない。

    さよなら一顆/一穂ミチ


  1. 2020/05/19 21:28:05

    梱包は本をそのまま入れているので、曲がったりするだろうし、開けた時のガッカリ感あり。あと、6巻は本自体が、中のページが折りたたんだページがあったり、角も真ん中のところがクシャッと小さくなってました。

    新・特捜司法官S−A ジョーカー外伝 6/麻城ゆう