1. 2020/12/04 21:08:36

    大事件を起こした最後の大物やくざの手記だ。 じっくりと読むと、長野が、単に凶悪犯で人生を 終えるのではなく、等身大の自分を知って欲しいと 考えるようになった心の移ろいが理解できる。 80歳の作者だから実現した力作。

    竹中四代目暗殺事件のヒットマン・長野修一 獄中書簡356通全公開/長野修一/木村勝美


  1. 2020/12/04 18:39:40

    食の未来は大変な問題ですよね。 ただたんに遺伝子組換えだから嫌だと言う人にも是非読んで欲しい一冊です

    ゲノム編集食品が変える食の未来/松永和紀


  1. 2020/12/04 16:05:25

    素晴らしいドラマに素晴らしい人生ありお二人の生きてきた証が最高のドラマとなり2020というコロナ禍の中で人々の胸に刻まれずっとずっと記憶としてまた記録として残り続けるでしょう。この本で更に更にその瞬間に触れてください。 楽しい一冊です。ありがとうございました!

    愛の手紙 作曲家・古関裕而と妻・金子の物語/マガジンハウス


  1. 2020/12/04 06:24:54

    日本代表にまでなった選手でもこれだけの苦悩があったのかと驚きました。自分も同じような体験しており、共感する点が多かったです。また双子ということもあり、兄弟の絆の深さも感じ取れ、いい書籍に出会えたなと感謝してます。

    うつ白 そんな自分も好きになる/森崎和幸/森崎浩司


  1. 2020/12/03 19:50:41

    大変興味深い本で、読んでいて楽しかったです。 日本人なのに、反日がいるのは許せない。 国会議員も左翼がいて、なんの為に仕事をしているのか、憤りを覚えた。

    日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 /小学館/Sapio編集部 (ムック) 中古


  1. 2020/12/03 14:33:13

    もう10年以上使っています。胃腸は順調です。手放せません。

    脳はすこぶる快楽主義/池谷裕二


  1. 2020/12/03 11:54:03

    去年からのsars-cov2によるcovid-19罹患者に関する日本のマスメディア報道のでたらめさや世界情勢などに関してよくまとめられています。今冬も流行の兆しがある中で、冷静に対処するための情報整理をするのに役に立つ読み物です。詳細な統計などのグラフなどは各種機関が調査したものを利用して見た方がよいかとおもいます。良書です。

    疫病2020/門田隆将


  1. 2020/12/03 00:10:55

    事故当時、同シリーズのNo.3を購入し、そこから大分経っていますが、1と2も気になって改めて購入しました。中国の三峡ダムが欠壊した場合、流域にある原発数ヵ所が危ないというニュース記事を前に読んでいたのと、つい最近、中国初の国産原発が稼働したということで、読んでおいた方が良いかと思い。このシリーズはとても分かりやすい上に価格もリーズナブルでありがたいです。

    世界一わかりやすい放射能の本当の話 福島原発事故!緊急出版2 完全対策編 /宝島社/別冊宝島編集部 (単行本) 中古


  1. 2020/12/03 00:05:52

    事故当時、同シリーズのNo.3を購入し、そこから大分経っていますが、1と2も気になって改めて購入しました。中国の三峡ダムが欠壊した場合、流域にある原発数ヵ所が危ないというニュース記事を前に読んでいたのと、つい最近、中国初の国産原発が稼働したということで、読んでおいた方が良いかと思い。このシリーズはとても分かりやすい上に価格もリーズナブルでありがたいです。

    世界一わかりやすい放射能の本当の話 正しく理解して、放射能から身を守る 福島原発事故!緊急出版/別冊宝島編集部/青山智樹/江口陽子


  1. 2020/12/01 22:17:04

    竹内文献の入門として購入致しました。 「神代の万国史」「竹内文献資料集成 天之巻・地之巻・人之巻」「竹内文献考証」「竹内巨麿伝」等を所有しているのですが、内容・文体等が難しくて「つんどく」状態でした、時間をかけて挑戦していけそうです。

    幻影の偽書『竹内文献』と竹内巨麿 超国家主義の妖怪/藤原明


  1. 2020/12/01 21:07:52

    あまり日本では報道されていないのか関心を持たれていないアメリカのオピオイド依存症問題。もともと処方薬の鎮痛剤として流通しているもので年間に数万単位の死者が出ている社会問題を取り上げた本です。

    DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機 / ベス・メイシー / 神保哲生


  1. 2020/12/01 18:59:06

    この手の歴史的事実は、教えてもらえない内容なのでこの様な本があって感謝します。この時代の出来事は北にソビエトが侵攻してきて南からアメリカが無条件降伏後進駐してきた程度です。

    受け継がれし日韓史の真実 朝鮮引揚者の記録と記憶/豊田健一


  1. 2020/11/30 09:34:34

    地味といっても、パリーグを見ていた人にとっては強烈な印象を残している同投手について深く知ることができます。個人的には高校から大学での取り組み方。自分の身体への考え方。あとはプロ入り後、先発からリリーフへの転向するときの受け止め方などが読み応えありました。読むことで、引き続き平野投手へエールを送りたくなる一冊です。

    地味を笑うな/平野佳寿


  1. 2020/11/30 00:56:23

    京都産業大学ラグビー部を長年率いた関西ラグビー界の名将・大西健元監督のラグビー人生と言葉が綴られています。関西スクラムの虎の穴を築き、前田、吉田、大畑、田中フミ等など名選手を輩出した源です。

    [本/雑誌]/ラグビー指導の哲学 大西健の「楽志」と京都産業大学ラグビー部の軌跡1973-2019/伊藤鐘史/共著 向風見也/共著


  1. 2020/11/30 00:54:45

    発送も迅速に対応して頂き、本も綺麗な状態でした! 本屋さんではなかなか見つけることが出来ず、ネットでも取り扱っているお店が少なかったので、購入できてとても嬉しいです。 また機会がありましたら、是非利用させていただきます。

    庭に小さなカフェをつくったら、みんなの居場所になった。 つなげる×つながる ごちゃまぜカフェ/南雲明彦/みやの森カフェ


  1. 2020/11/29 22:29:14

    数学的な思考を普段の生活に取り入れるとようよ、という本。 一つの式をもうちょっと掘り下げてもよかったのかなと思いますが、読みやすさを考えたらこのくらいでもよいのかなと思いました。気軽に読める本です。

    数学的思考ができる人に世界はこう見えている ガチ文系のための「読む数学」/齋藤孝


  1. 2020/11/29 22:06:28

    Bリーグファンで千葉ジェッツも富樫選手も応援しているので購入しました。アスリートの方が書いた本は今まで購入したことがなかったため、色々な意味で新鮮でした。意外と大きさは小さく持ち運びもできそうです。

    「想いをカタチにする」ポジティブ思考/富樫勇樹


  1. 2020/11/29 18:52:33

    漢字に振り仮名がなく子供が読めない。 少し大きくなってから読むことにしてます

    生き物の死にざま/稲垣栄洋


  1. 2020/11/29 18:20:22

    藤井聡太二冠の18年の軌跡を朝日新聞が取材してまとめた本ですが、今まで知っていた事知らない事などが細かく書いてありこうして藤井聡太二冠が誕生したんだ〜と、思いを巡らせながら読みました。師匠との関係性、ご両親の育て方などなどとても感慨深いものがありました。

    藤井聡太のいる時代/朝日新聞将棋取材班


  1. 2020/11/29 15:25:04

    このシリーズ、子どもたちのお気に入りです。写真も綺麗ですが、言葉の選び方や、内容もすばらしく、大人もうっとりしてしまいます。子供部屋に並べていますが、並べていても絵になる本です。ぜひ、手にとって欲しいですね。

    世界でいちばん素敵な科学の教室/遠藤芳文企画文的川泰宣


  1. 2020/11/29 12:38:51

    本人の体験談や考え方が嘘がなく素直に書かれていると思いました。僕にはとても分かりやすく心に響きました。この方はとてもストイックで負けず嫌いで怖がりでもあるように感じます。 買って良かったと思います。

    走って、悩んで、見つけたこと。/大迫傑


  1. 2020/11/28 23:02:04

    笠井さんと同じ病気を経験した者として、とても共感できました。家族や同僚、友人たちの励ましに支えられたことも感謝です。笠井さんのこれからの活躍が楽しみです。この本は健康な人にもお薦めです。

    生きる力 引き算の縁と足し算の縁/笠井信輔


  1. 2020/11/28 22:51:16

    スポルティーバに連載されていたインタビューを元に書かれたものです。連載中から、本になったら絶対買おうと決めていました。ヤクルトファンにとって伝説の92年・93年の日本シリーズが時系列で描かれ、とても読み応えがあり、目に浮かぶようでした。買ってよかったです。大切にします。

    詰むや、詰まざるや 森・西武vs野村・ヤクルトの2年間/長谷川晶一


  1. 2020/11/28 21:37:09

    富裕層が食べ残した食品を専門で扱う市場があるそうだ。我々の生きる日本は、食が豊かである。しかしながら世界の格差は著しく、いかにして改善していくべきなのか…。非常に考えさせられる内容である。すぐに到着いたしました。状態も良いです。ありがとうございました。

    もの食う人びと/辺見庸(著者)