1. 2021/03/25 18:47:41

    まだ途中ですが、おもしろいですよ!子供にも読んでもらいたい本ですねー。この本のおかげで、どうやって地球ができたか、子供に聞かれた質問に答えてあげれました。

    地球の履歴書/大河内直彦


  1. 2021/03/21 07:30:28

    迅速に配送いただきありがとうございました。安く購入できてポイントももらえて助かっています。リピート確実です。

    文明が衰亡するとき/高坂正堯


  1. 2021/03/19 00:34:36

    実店舗なんかで買うよりポイントがついて断然安いので在庫がある限りこっちで買うようになってしまった。更にクーポンを使うとより安くなるので実店舗のはネットより安く買えるようにしないとますます厳しい。

    世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで/池澤夏樹


  1. 2021/02/14 14:56:25

    後世の〇〇史観や創作物による思い込みから脱却して、事実(史料)に即して中世日本の実情を読み解こう!というスタンスの中世史研究本。 例えば鎌倉幕府が滅亡した原因についても、学術研究の成果は「分からない」という衝撃の結論。ああでもない、こうでもないと議論はあるものの、研究が進めば進むほどどれも歴史的事実に合致しないことが判明してしまうのだとか。 特にヤリダマに挙がっているのは進歩主義や階級闘争史観でして「政治体制への不満が社会全体に高まった(政治体制が社会を苦しめるものだった)から体制が崩壊した」式の単純な図式への批判は痛烈かつ痛快。 また、理解しやすいようにマンガやインターネット界隈で馴染みのコピーを連発することで、中世史に疎い読者にも配慮されているのであります。その点が「軽い」「不真面目」と感じる読者もいらっしゃるかもしれませんがね。 「そこにシビれる! あこがれるゥ!」

    戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか―(新潮選書) 電子書籍版 / 呉座勇一


  1. 2021/02/11 20:18:24

    ブックオフで探すよりは、ネットで探した方が楽です。100円であるかもしれないけど、配送料込で300円代なら安すぎです。状態はめちゃくちゃ良かったです。多少くたびれててもしょうがないと思ってましたが、ラッキーでした。

    鉄道復権/宇都宮浄人


  1. 2021/01/22 15:26:18

    不寛容論ですが、不寛容あっての寛容、寛容あっての不寛容ということがよくわかりますね。ヴォルテールの寛容論などは読むと寛容ってなんか上から目線でやや傲慢な感じを受けますが反転した不寛容も同じく感じ悪いのが肝要ですね。

    不寛容論 アメリカが生んだ「共存」の哲学/森本あんり


  1. 2020/12/24 20:35:42

    この著者の本は読みやすいし、鳥好きなら知りたい事が目白押しです。 図鑑には書いていないし、理科や生物の授業でも習わない大切な事と知りたい事に溢れています。 動物好きな人や子供の何故?に答えられる本だと思います。 子供の頃にこんな本に出会えていたら私の人生はきっと違うものだったんだろうなぁ。

    カラスの早起き、スズメの寝坊 文化鳥類学のおもしろさ/柴田敏隆


  1. 2020/12/04 09:10:38

    大人用の偉人伝で、楽しく読ませていただきました。、まだ最初のほうですが、ちょっとずつ読んで行こうと思います。続があるので、二冊目まで行けたら。買おうと思っています。、

    大人のための偉人伝続 / 木原武一


  1. 2020/11/09 19:49:29

    掲載されていたのは貴重品ではあるが、いわゆる「お宝」というほどのものでもなかった。結局はこうした書籍をめぐる本にありがちな、希覯の品を手に入れたことの自慢話の域を出ないものであった。しかし、内容的には興味深いものもいくつかあった。

    直筆の漱石 発掘された文豪のお宝/川島幸希