1. 2018/10/13 21:37:03

    現場での息遣いが感じられる内容でした。私はエンジニアですので、忘れてはならないと感じました。

    死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日/門田隆将【著】