1. 2021/04/15 23:10:12

    今まで何度も挑戦して挫折したカントの純粋理性批判。これでようやく山を越えられるような気がします。

    日曜はクーポン有/ カント 純粋理性批判/御子柴善之


  1. 2021/04/05 00:04:00

    題名だけでも興味をくすぐる上、少し読んだだけでも期待を裏切らない面白い本です。同時に同店で同じような地質と人類学の本を三冊見つけ注文。すぐに届き、本の見出しをめくっただけでワクワクしており、これからのしばらくは読書三昧ができるので大変楽しみにしています。

    魚食の人類史 出アフリカから日本列島へ / 島泰三


  1. 2021/04/04 21:50:22

    ゆったりと履きたかったので、Lサイズにして、私は正解でした。 テーパードは、間違えると、おばさんを強調するので。 裾の絞りが良かったので、綺麗です。 この値段なら、お得かも。

    アドラー人生を生き抜く心理学/岸見一郎


  1. 2021/03/25 18:47:41

    まだ途中ですが、おもしろいですよ!子供にも読んでもらいたい本ですねー。この本のおかげで、どうやって地球ができたか、子供に聞かれた質問に答えてあげれました。

    地球の履歴書/大河内直彦


  1. 2021/03/22 20:18:52

    いつまで経っても、届きません。本一冊くらい、早く届けろい。

    なぜ世界は存在しないのか/マルクス・ガブリエル/清水一浩


  1. 2021/03/21 07:30:28

    迅速に配送いただきありがとうございました。安く購入できてポイントももらえて助かっています。リピート確実です。

    文明が衰亡するとき/高坂正堯


  1. 2021/03/20 02:48:41

    北部九州と朝鮮半島における前方後円墳の4-5世紀の両地方の比較調査から被葬者を推理するなど従来扱われなかった視点で研究されていると感じた

    「異形」の古墳 朝鮮半島の前方後円墳/高田貫太


  1. 2021/03/19 00:34:36

    実店舗なんかで買うよりポイントがついて断然安いので在庫がある限りこっちで買うようになってしまった。更にクーポンを使うとより安くなるので実店舗のはネットより安く買えるようにしないとますます厳しい。

    世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで/池澤夏樹


  1. 2021/03/15 19:12:02

    近代の右翼思想はできれば避けて通りたい(笑)ところですが、必要があってというか必要な気がしてちょこちょこ読んでいます。こちらの本はどちらかというと登場人物がどうしたこうしたという話ではなく、思想そのものに注目したものです。

    近代日本の右翼思想/片山杜秀


  1. 2021/03/15 08:34:28

    著者ご自身も発達障害と購入しました。 文章を読んでいるうちに、あぁ発達障害ので方は、こういう風に考えているんだ…と参考になりました。 やっぱりものすごく考えているし、感覚も鋭敏、ただスコーンと抜けている感覚もあっておもしろく読めました。

    発達障害の内側から見た世界 名指すことと分かること/兼本浩祐


  1. 2021/03/12 19:42:46

    歴史を知りたいなら、歴史書を読むのが手っ取り早いのですが、研究者たちが歴史を推察するためのツールについて、書かれた本です。とっつきにくい印象の古文書ですが、いかに歴史を知るために必要なものかが分かります。

    古文書はいかに歴史を描くのか フィールドワークがつなぐ過去と未来/白水智


  1. 2021/02/28 18:56:37

    他社と比較して一番安く販売している貴社にて購入させてもらいました。 商品も問題なくとても良い買い物ができました。 ありがとうございました。

    論文の教室/戸田山和久


  1. 2021/02/22 23:58:38

    とても良い状態で届きました。配送も、早かったです。読みたい本だったので、うれしかったです。感想を入れるところが?で、送信が遅れた事をお詫びします。次回も、よろしくお願いします。

    日曜はクーポン有/ 新・カウンセリングの話/平木典子


  1. 2021/02/17 14:20:10

    あっという間に読み終えました。日本人のルーツは、なかなか解明されないのがもどかしいです。これからの続編を期待したいです。

    日曜はクーポン有/ 日本人になった祖先たち DNAが解明する多元的構造/篠田謙一


  1. 2021/02/14 14:56:25

    後世の〇〇史観や創作物による思い込みから脱却して、事実(史料)に即して中世日本の実情を読み解こう!というスタンスの中世史研究本。 例えば鎌倉幕府が滅亡した原因についても、学術研究の成果は「分からない」という衝撃の結論。ああでもない、こうでもないと議論はあるものの、研究が進めば進むほどどれも歴史的事実に合致しないことが判明してしまうのだとか。 特にヤリダマに挙がっているのは進歩主義や階級闘争史観でして「政治体制への不満が社会全体に高まった(政治体制が社会を苦しめるものだった)から体制が崩壊した」式の単純な図式への批判は痛烈かつ痛快。 また、理解しやすいようにマンガやインターネット界隈で馴染みのコピーを連発することで、中世史に疎い読者にも配慮されているのであります。その点が「軽い」「不真面目」と感じる読者もいらっしゃるかもしれませんがね。 「そこにシビれる! あこがれるゥ!」

    戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか―(新潮選書) 電子書籍版 / 呉座勇一


  1. 2021/02/11 20:18:24

    ブックオフで探すよりは、ネットで探した方が楽です。100円であるかもしれないけど、配送料込で300円代なら安すぎです。状態はめちゃくちゃ良かったです。多少くたびれててもしょうがないと思ってましたが、ラッキーでした。

    鉄道復権/宇都宮浄人


  1. 2021/02/09 13:56:14

    和算には前々から興味を持っていましたがなかなか好い入門書がありませんでした。古くは小倉金之助氏の者がありますが、今はなかなか入手困難です。偶々最近この書がでていることを知り購入してみました。和算に対して最新の研究を踏まえ好い見通しを付けることが出来そうです。

    和算 江戸の数学文化 / 小川束


  1. 2021/01/22 15:26:18

    不寛容論ですが、不寛容あっての寛容、寛容あっての不寛容ということがよくわかりますね。ヴォルテールの寛容論などは読むと寛容ってなんか上から目線でやや傲慢な感じを受けますが反転した不寛容も同じく感じ悪いのが肝要ですね。

    不寛容論 アメリカが生んだ「共存」の哲学/森本あんり


  1. 2021/01/06 05:59:15

    正月休みを、はさんでの注文でしたが、素早い対応ありがとうございました。

    パンツが見える。/井上章一


  1. 2020/12/31 18:20:38

    最新の研究成果を知ることができました。 今後の成果が本になったらまた購入したいです。

    日本人になった祖先たち DNAが解明する多元的構造 篠田謙一/著


  1. 2020/12/24 20:35:42

    この著者の本は読みやすいし、鳥好きなら知りたい事が目白押しです。 図鑑には書いていないし、理科や生物の授業でも習わない大切な事と知りたい事に溢れています。 動物好きな人や子供の何故?に答えられる本だと思います。 子供の頃にこんな本に出会えていたら私の人生はきっと違うものだったんだろうなぁ。

    カラスの早起き、スズメの寝坊 文化鳥類学のおもしろさ/柴田敏隆


  1. 2020/12/20 09:30:34

    現代社会では、スピード感、効率性が求められており、その波についていくのが難しいと不安を覚える人もいるように思います。子育てにしろ、教育にしろ、生活する上で待つこと、我慢することと言うことは大事なことです。自分の生き方の参考にできる本です。

    「待つ」ということ / 鷲田清一


  1. 2020/12/18 19:55:55

    非常に感動しました。終盤の勝頼には涙無くして読めません。史実に則って記述されているので読後感は良。各種の文献を参照され、不確実な部分は後進に委ねられているのが良です。他の著作も読みます。

    真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実 平山優/著


  1. 2020/12/07 22:36:57

    迅速に発送していただき、思っていたよりも早く手に取ることができました。ありがとうございました。本の内容は、当初期待していたもの以上です。勧めてくれた知り合いに感謝しなきゃ。

    自由意志の向こう側 決定論をめぐる哲学史/木島泰三


  1. 2020/12/04 09:10:38

    大人用の偉人伝で、楽しく読ませていただきました。、まだ最初のほうですが、ちょっとずつ読んで行こうと思います。続があるので、二冊目まで行けたら。買おうと思っています。、

    大人のための偉人伝続 / 木原武一


  1. 2020/11/30 21:39:38

    内容については算数、数学から広がるイメージを持てるようになるため、骨太の一冊と思いました。 算数というタイトルで小学生の子供向けに購入してしまいましたが、少し早かったかもしれません。

    算数の発想 人間関係から宇宙の謎まで/小島寛之