1. 2017/05/09 15:21:38

    発送までの経過を細かく連絡いただけることに驚きました。質問にも丁寧、わかりやすく回答していただき、店頭で購入するのと同じくらい安心して購入することができました。

    ビジネスパーソンのための契約の教科書 (文春新書)/福井健策/著(新書)


  1. 2020/06/02 12:02:37

    竹内政明氏の文章は楽しみで読んでいます。 名文どろぼう…? 今日届いたばかりでまだ読んでいませんが パラパラとめくってみたらやっぱり期待大 読むのが楽しみです

    名文どろぼう/竹内政明


  1. 2020/12/15 15:12:18

    昨日受け取りました。迅速な対応ありがとうございました。

    日本人の誇り/藤原正彦


  1. 2020/05/08 20:25:48

    夢中で読みましたー 本当に期待以上の内容でした。有り難うございました。

    「馬」が動かした日本史/蒲池明弘


  1. 2019/05/25 21:01:03

    日本人として、民族の概念が全くありませんでしたが、沖縄も民族の意識で観ると違うものが見えてくるというところに目からうろこです。 佐藤さんの本は、素人の私にも解りやすく、かつ奥が深いので何冊か読みましたが、この1冊は更に興味深かったです。

    新品本/民族問題 佐藤優の集中講義 佐藤優/著


  1. 2018/09/26 10:49:35

    大戦略家である著者の日本国及び日本人への指南書である。 歴史家としても造詣が深い著者は過渡期に於けるこれまでの日本の大変革として『江戸』『明治』『戦後』の3つを挙げてその内容を総括し、続いて今まさに現在こそ第4番目の大きな変革期であると自覚するよう警鐘を鳴らしていると共に、その対処の処方箋も示してくれている。 国家の大戦略、グランドデザインを示した内容ではあるが、決して政治家や企業家だけに向けたものではなく、等しく日本人一人一人が読むべき著書だと思います。

    日本4.0 国家戦略の新しいリアル/エドワード・ルトワック/奥山真司


  1. 2017/11/07 15:54:28

    商品無事届きました、大変気に入っています。とても迅速で丁寧な対応に感謝します、どうもありがとうございました。

    安楽死で死なせて下さい/橋田壽賀子


  1. 2019/07/02 15:00:16

    今我が国で起きているペイ各社の戦いが、中国でおきたことの後追いであることがよく分りました。これからどうなるのかも予測できる気にさせてくれる、分かりやすく且つ信じられる一冊です。

    キャッシュレス国家 「中国新経済」の光と影 / 西村友作


  1. 2013/02/23 15:52:08

    人命を左右する軍人という指揮官の状況判断と決心は、色々と考えさせられるものがありますが、本書はその経緯が分かりやすく記述され仕事上役に立ちます。

    指揮官の決断 満州とアッツの将軍樋口季一郎/早坂隆


  1. 2018/10/30 13:02:35

    大学生の女子に是非読んでいただきたい1冊です。社会に出る前に自身の将来設計を考えてみてはいかがでしょうか。

    働く女子の運命/濱口桂一郎


  1. 2018/11/27 21:39:17

    著者の最近のコラムをまとめたもの。関心領域が多岐にわたるので、参考になりました

    知的ヒントの見つけ方/立花隆


  1. 2020/09/11 23:33:48

    よくわかんない自己啓発本読むよりこの本読んでたほうが役に立ちます。面白かったです。

    生きる悪知恵/西原理恵子


  1. 2020/05/13 12:46:04

    日本の歴史を知る上で、とてもいい本です。 明治から始まる近代日本の出発点を学べます。

    徹底検証日清・日露戦争/半藤一利/秦郁彦/原剛


  1. 2019/08/22 19:33:58

    中古を購入したのですが 新品かと思われるほどの綺麗な商品が届きました。

    これでもがん治療を続けますか/近藤誠


  1. 2016/11/06 08:55:59

    政府の財政を一家に例えれば、米ドルは屋外の仕事で得る給与です。日本円は、米ドル貯金額に合わせて家族間のみで使用する商品券のようなものです。家族間に莫大な借金があっても、他人が見ればこの家は貯蓄過多です。初めてタブー視されていた小泉・安倍政権について短文明確に総括しています。政権延命と特権階級創設したいがための構造改革でした。政策の失敗は、市場原理や民間人によるもので政府公務員の責任ではない。既得権益打破といって将来の特権階級者を絞る。戦前の公務員貴族を復活させたいのです。政府が公務員の面倒しか見なくなって以後、景気悪化、貧困者やその予備軍の増大、大災害事故の連発、です。市場原理とは、組織ではなく個人に全権委託することです。個人間で出来ることは限られ、月日が経つほど国家組織レベルが低下していくのも当然です。市場原理の究極は、国民を縄文や弥生時代に引き戻すことだったのです。小さな政府ではなく大きな政府を目指すしかないのです。大きな政府にする目的は、海洋資源開発と人口島の建設です。この目的は半永久的に達成できないため、他国を侵略することも迷惑をかけることもありません。これが日本の未来です。

    グローバリズムが世界を滅ぼす/エマニュエル・トッド/ハジュン・チャン/柴山桂太